2005年12月23日

公演初参加から1日経って・・・

昨日の今頃はどこへいたのでしょうか。まだアリーナの近くに居たかな??
今まではこういったライブに参加する事もなく、過ごしていて、その中でただ漠然としか
応援してこなかったアーティストばかりでした。

しかし、今回初めて、きよしくんのライブに参加し、感じた事。

それはいつも機械越しにしか聞かなかった彼のナマの声が本当に素晴らしく、人々を
感動させる活力(ちから)を持っているものだと・・・。
これは本当に初めての経験でした。そして、それを支えるファンの方々の暖かさ。
もちろんきよしくん自身が暖かいからこそ、ファンも集まってくるし、きよしくんの
暖かさに触れてファン自身の心もまた、暖かくなれるんだと思う。
どれか一つが欠けてもきっとダメでしょう。
そういった意味では昨日は本当に貴重な経験をしたんだと思う。
そして、ライブには初めてで戸惑ってる中、優しく教えて下さった、きよ友さん方。
世の中色んな人が居る中で、こういった人しか集まらないというのはもう、
きよしくんのお陰でしょうね、きっと。
だから、きよしくんがライブの最後の最後で泣いてしまった、という気持ちも
わからなくもない。
彼自身も暖かいけど、それと同時に彼を応援しているファンの方々も暖かいのだと。
もちろん、理由はそれだけではないでしょうけれども・・・。
きよしくんのライブ、今回行けて本当に良かった。
来年、ファンクラブの手続きが終われば、少しずつ参加できる範囲でして行こうと思う。
まずは関東近辺からかな?

心優しき純情な青年、「氷川きよし」を末永く応援するために・・・

※長くなってしまいしかも文が繋がっていないかもしれませんが、悪しからず。
posted by 蒼鷺 at 23:09| 東京 ☀| Comment(0) | ☆きよし☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。